カードローンの金利の相場について

お金を借りるさいに便利なのがカードローンですが、利便性に優れたローン商品であるため高い金利が設定されてます。
このため体験談などを集めたサイトでも紹介するさいにポイントとなるのがその利率です。
金利を調べる
カードローンの金利の相場としては、はじめて利用する人の場合には15%が中間値になります。
継続利用してれば10%が中間値といえますが、一般的に取り扱う業者によってその内容は変わってきます。
消費者金融やクレジットカード会社の場合には、10%から18%が相場になります。
このため多くの利息を支払わなければならず、少額での借入や短期間に返済できることが利用の前提とも言えます。
また消費者金融やクレジットカード会社の場合には貸金業者になるので、貸金業法による規制を受けることになり、原則として年収の3分の1までに制限されています。
一方で、銀行の場合には5%から15%前後が一般的な相場となっていますが、信用力が高い人向けの商品では3%から10%程度のものがあります。
このため信用力の高い人のカードローンは他の目的ローンを利用するよりも有利に借入が出来るケースがあります。
また近年は信用力が低い人向けの商品も登場しており、この場合には8%と消費者金融と変わらないものもあります。
なお、日本の法律では年率20%を超える金利を設定することは違法となっているため、どんなに高い利率であっても年率20%を超えるところはありません。

カードローン会社の金利を事前に比較しておくことで、利息を抑えて借入することができます。
金融機関の金利はこちらのサイトで比較することができます。
参照:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
・http://www.ssehvusa.org/