消費者金融の限度額はいくらになる?

消費者金融の限度額は、大手の場合、10万円〜500万円というところが多いようです。金利は年4.0%〜18.0%というようになっていますが、業者によって差があります。正社員で働いている人でも、最初は限度額が50万以内になるという意見があります。金融機関は、それまで取引をしたことがない相手にいきなり大金を貸すということはないようです。よほど年収が高いとか、大手企業で働いていて安定収入を得ている人でもない限り、最初から数百万を借りられることはなさそうです。
,
,貸金業者では総量規制がかかるので、年収の3分の1を超える借入をすることはできません。年収が300万の人なら、クレジットカードのキャッシング枠などもすべて含めて、100万までしか借入ができないということです。銀行では総量規制がかからないので、年収の3分の1を超える融資を希望しているなら、銀行もしくは信用金庫を検討しましょう。
,
,カードローンをある程度頻繁に利用をして、期日を守ってきちんと返済をしていると、信用が上がっていくようです。信用が上がったら、増額審査に申し込みをすることで、限度額を上げることができます。新規で契約をしてから最低でも半年程度は経過していて、カードローンを最低でも一度は利用して実績を残していることが条件です。リボ払いでは、最低額が自動引き落としされますが、ときどき大きな金額を一括返済することでも、信用は上がるという意見もあります。